ハーレーの触媒って??? その実体を本邦初公開!!

これがハーレーの触媒だ!!

KessTech社製の音量調整マフラーシステムが、先日、JMCAの政府認証を得る事が出来まして、特定の年式とモデル、そして触媒 (自動車触媒) を内蔵している純正エキゾースト・パイプを必ず使用する事が条件とはなりますが、日本国内の車検に対応する事が可能となりました。

そこで、俄然、気になりますのが、その純正エキゾーストパイプに内蔵されております触媒 (自動車触媒) 。おおよそ、その形や構造は、もちろん承知をしておりますが、それでも、ハーレー純正の触媒に関して、その実体を見た事が無く… そんな訳で、先日、V-RODの純正エキゾーストパイプを分解し、触媒そのもののを取り出す作業を行ってみました。ハーレーの触媒そのものをご覧頂くのは、これが本邦初公開かも知れません。

そもそも触媒 (自動車触媒) とは??

自動車、またはオートバイに装着されている触媒とは、三元触媒と事を示しまして、これはガソリン車の排気ガスに含まれる3種類の有害成分 : 炭化水素 / 一酸化炭素 / 窒素酸化物を、パラジウム、ロジウムを使用した触媒装置により除去をし、無害な物質に変化させる装置の事です。排気ガスをクリーンにして大気汚染を防止する事が、その大きな目的です。

◯ 炭化水素 : 有害 → 水と二酸化炭素 : 無害
◯ 一酸化炭素 : 有害 → 二酸化炭素 : 無害
◯ 窒素酸化物 : 有害 → 窒素 : 無害

ccf808a980ba64b246af3fbf5900fbe7558d61fe_xlarge

左右のジョイント部分の穴より、触媒の位置を確認。↑上の写真 : 赤い四角で囲んだ辺りに触媒は在ります。2009年以降のツーリングモデルや、2008年以降のDYNA FAT BOB、2010年以降のDYNA WIDE GLIDEも、V-RODとほぼ同じ場所に触媒が取り付けられています。

14d8e15df29b306c62f35376318319500bd82b26_xlarge

d53a5860a05fce3af2c072018fb4f510a6af9b18_xlarge

触媒はエキゾーストパイプの内側に、溶接で留められています。まずは、サンダーを使用しエキゾーストパイプを切ります。

b38e01d7f57791ff3d114a283524b5454dd06bfb_xlarge

エキゾーストパイプの片側を切り取りますと、直ぐに触媒本体が現れました。

3e695a6ee2fa36e89cea6caba22bb06fee01fe05_xlarge

裏側のエキゾーストパイプも切り取り、触媒本体を取り外しました。

bec12a57449d075c5daf1f69963fc413976c6eed_xlarge

これがV-RODに装着されている触媒です。長さ:約18cm / 幅 : 約8cm / 厚み : 約5cm 程の大きさです。思っていたよりも小振りな感じですね。触媒はご覧の通り、蜂の巣の様な形状 (ハニカム構造) をしており表面積を大きくする構造となっております。

309bcce2a6d8a8f38499b10e61a7f561b3a58f92_xlarge

おすすめ記事

  1. KESSTECH 製品のご紹介 : 2014年〜 DYNA用マフ…

関連記事

  1. European Bike Week 2016
  2. KESSTECH 製品のご紹介 : 2014年〜 DYNA用マフ…
  3. 車検に関しまして : その1 / 加速走行騒音 と e マーク…
  4. ハーレー各モデル : 触媒の付いている場所
  5. KESSTECH Sample Bikes #1
  6. ドイツではミィーティング・シーズンが本番を迎えています!!
  7. Black Spike (ブラック・スパイク)
  8. 2018 Model Harley-Davidsonのマフラーオ…

NEW POST

アーカイブ

PRODUCTS

PAGE TOP